【片思い編】電話占い活用方法! 恋愛で悩んだ時(連載コラム第5回)

和奏先生の連載コラム(第5回)

和奏先生
和奏先生

誰もが一度は経験する片思い。純粋でとても素敵な事であります。しかし、片思いは長く続くと辛いものですね。気持ちは伝えたけども、お付き合いに至らなく、片思いを続けている方も、まだ、気持ちまでも伝えていないけども片思いをしている方もいると思います。

その片思いの行く末を知りたいですよね! そんな時、電話占いで相談をすると明るい兆しに巡り合えます。しかし、相談前に注意しておく事をお伝えします!

 

相手との現在の関係をしっかりまとめておく

現在、相手とどのような関係であるのか? 友だちなのか、友達まではいかない知り合いなのか、体の関係だけはある友達なのか? など、色々なパターンがありますよね! 同じ職場で仕事の話しかしない、などもそうですね。そのような相手と現在はどのような関係であるのか? という事をしっかり占い師に伝えるように準備しておいてください。相手との関係がわからない状態で占いをしても、正しい未来に導いてあげる事ができなかったり、難しかったりしてしまいます。ここはしっかりまとめておきましょう。

会ったことがない相手や芸能人など、現実的ではない片思いは占いでは見れない

基本的に、面識がない相手というのは占いでは見る事ができません。アプリで知り合って、まだ会ってはいない、という方であればギリギリセーフとしてみる事は出来ますが、やはり会ってみてから、占いで見た結果と違う方向に進む事が多々あります。これは、占い師が外れた結果を言っているのではなく、会ったこともない人と会話だけで恋愛をしているのだから、会ったら現実を見て何か違うということはでてきますよ、という事です。ちなみに全く面識のない芸能人や著名人との鑑定を普通にしている方などはあまり聞かないです。なので、相談するような段階ではないと考えていてください。

どうしてその人を好きになったのか? を思い出す

結構ご相談であるのが、とにかく好き、とにかく成就させて! というお話です。大体のこのパターンの人はその人へ片思いをしている自分が好きな方というのが多いです。勿論本当に悩んでいる方もいます。本気で好きで好きで悩んでいる方と、その人を好きな自分が好きな方とに分かれてきます。なので、まずは相談する前に、どうしてその人を好きになって、なぜ今でも好きなのか? という事に関しての答えをしっかり持つようにしていおきましょう。

片思いを叶えるためにするべき行動を相談する

ここまで来てやっと、相談内容として、自分はしっかり純粋に片思いをしていると気づき、その片思いを成就するための行動を占い師に相談です! ここまでの段階を踏んでから電話占いは使いましょう。気持ちの整理ができていて相談をすると、不思議と占い師のお話もすんなり受け止められます。占い師に相談して、「当たらない」「普通のことしか言わない」「一般論」と感じる方のほとんどが、段階を踏んで相談をしていないために、占い師もまずは、話を整理させることをしてくれるので、結果的にそうなるのです。しっかり話がまとまっているとそのような事は起こることはなく、片思いを叶えるためにするべきことをしっかり占い師は教える事ができます!

この片思いは実るのか? を見てもらう

そして、結果の部分です。頑張って片思いを叶えるための行動をして、その恋は実るのか? という事ですね。ここはしっかり答えを聞きましょう。しかし、片思いをするための行動を頑張って自分がやってみたらどうなるのか? という答えになりますので、何もしなくても片思いが叶うなどの魔法はない、という事は頭に入れておいてくださいね!

おわりに…

片思いに関しても、どのような相談に関してもですが、まずは、自分がその感情についてどこまで理解ができているのか? という事で占い師の言っていることが理解できるように繋がっていきます。自分なりにしっかり考える、自分の気持ちを向き合う事をしてから相談をするとよいためになるお話が占い師とする事ができます。そのようにぜひ電話占いも活用してみてください。

和奏先生プロフィール

鑑定料 1分/270円
鑑定歴 8年以上
得意な占術 霊感・霊視 / 霊感タロット / ヒーリング / 四柱推命 / タロットカード / オラクルカード / 風水 / 夢占い
得意な相談内容 恋愛全般 / 復縁 / 同性愛 / 相手の浮気 / 不倫 / W不倫 / ペットの気持ち / 職場の人間関係 / 全体運 / 時期 / 金運

和奏先生に今すぐ相談する

占い師インタビュー:和奏先生
口コミで当たるとおすすめの電話占い師・和奏先生をお客様により知っていただくため、突撃インタビューを実施! 占い師になったきっかけや鑑定に対するこだわりなどを語っていただきました。