現役占い師が指南!電話占いとの上手な付き合い方(連載コラム第10回)

ケイ先生の連載コラム(第10回)画像

ケイ先生
ケイ先生

こんにちは!占い師ケイです。
電話占いは24時間、いつでも手軽に利用できる点が魅力ですね。

でもそれだけに注意したいところがあります。
今回は電話占いと上手に付き合う方法をお話ししていきたいと思います。

ツボに入ると電話占い依存になりやすいので注意が必要

私のお客様でもいるのですが、鑑定結果が的中したことが何回か続くと、それがツボに入ってしまう方がいます。
占いを何かを選択したり決めたりすることに使うようになると依存の要因になるので気をつけてくださいね。
あくまでも最終的に決断するのはあなた自身であることを忘れないように。
鑑定で導き出した答えは選択肢の1つでしかありません。
もちろん、それを選ぶのもアリですが、何でもかんでも占いに頼ってしまうと、自分で考える力を奪ってしまいます。
普段から「自分ならどうするか?」考える癖をつけることで、占い依存になるのを防げます。
占いを行動指針の1つとして捉えるようにしましょう。
そうすれば、鑑定でする質問も自ずと変わってきます。

恋愛では相手より自分の本心を知ろう

恋愛でよくあるご質問に、「彼の気持ちをみてください」というものがあります。
電話占いでは、まず彼の気持ちをみて、その後に相談者様にそれをお伝えして現状と照らし合わせていきます。
対面鑑定では相談者様の気持ちと相手の気持ちを両方出して現状となりゆきをみていきますが、これは自分の気持ちを知ることで相手に対してどういう意識を持っているのか。
それを知ることで問題解決の糸口が見つかるからです。
相手の本心を知っただけでは何も変えることができないので、自分の相手に対する本音を浮き彫りにして改善点があれば変えていく。
そうすることで相手との関係が変化していくのです。
相談するのは上手くいっていないから。
ですから相手との集合意識を変える必要があります。
神様でない限り相手を変えることはできませんからね。

どんな鑑定結果でも悪いという判断はしない

私は残念な結果が出たとしても、それが悪いという判断はしていきません。
「むしろ事前に知ることができてよかったですね」とお伝えしています。
結果が思わしくないなら、それのどこがそうなのか客観的に考えて、そうならないように行動していくことができます。
知らなければ、そうなっていたかもしれない状況を変えることができる可能性を生み出すのが占いです。
そういう意味では、鑑定結果よりも対策が重要になってくると言っても過言ではありません。
望む展開になっていないときは、自分がそうなるための行動をしていないことがほとんどです。
未来を変えるためには、現状の軌道修正をしていくことが必要になります。
それに気づかせてくれるのが占いなのです。
ですから望む答えを求めて占いジプシーになるのはやめましょう。

占われ上手を目指そう!

占いを上手に活用できれば、トラブルを回避できることにも繋がってきます。
占い師に質問するとき必ず結果と対策をセットで聴くようにしてください。
占いを利用していて現状が変わらないなら、対策が抜けているのかもしれません。
行動していくツールとして占いを活用できたとき、あなたの人生に波紋を起こすことができるでしょう。
それが占われ上手のコツです。

今回の連載コラムを執筆した占い師

ケイ先生

鑑定料 1分/180円
鑑定歴 3年以上
得意な占術 算命学 / タロットカード
得意な相談内容 恋愛全般 / 相性 / 片思い / 復縁 / 復活愛 / 略奪愛 / 複雑愛 / 同性愛 / 出会い / 相手の浮気 / 不倫 / W不倫 / 離婚 / 仕事全般 / 就職 / 転職・独立 / 職場の人間関係 / 全体運 / 宿命 / 人生

ケイ先生に今すぐ相談する

占い師インタビュー:ケイ先生
電話占いみみずくの砦に所属する口コミで当たるとおすすめのケイ先生を、お客様により知っていただくため、突撃インタビューを実施! 占い師になったきっかけや得意な相談内容、鑑定に対するこだわりや心掛けなどを語っていただきました。