現役占い師が教える!電話占いにおける霊感とは?(その2)(連載コラム第12回)

ケイ先生
ケイ先生

中華街の対面鑑定に出向くと、「霊視占い」の宣伝が目につきます。
エリア的にスタンダードは手相ですが、霊感の1つである霊視の人気は根強いものがあります。

しかしこの霊感。

実は私も占い師になる前から「????」が尽きないジャンルです。
そして知れば知るほど「????」が増えていく。
そんな霊感について電話占いという見地からみていきますね。

電話占いならではの霊感とは?

正直申し上げて、プロの占い師として活躍している方は、多かれ少なかれ霊感を使っています。
でもプロフィールで見かけるように幼少期の頃から自覚していた場合以外、そもそも霊感という曖昧な測定できない力をどうとらえるか。
こちらは占い師によって判断基準が分かれるところです。
電話占い会社の意向によって霊感があることにされる場合もありますしね。
人間の能力は使うほどに研ぎ澄まされていきます。
それは霊感も同じです。
個人差はありますが徐々に感じるようになっていくのです。
それを霊感と捉えるか否か。
そこは先生によって判断が異なってくる部分です。

霊感の線引きはとても曖昧

直感と霊感の境界線はとても曖昧です。
理由は判断する明確な物差しがないから。
そのため相手がどう感じるかになってきます。
ですからプロフィールに霊視と明記されていても鑑定を受けてピン!とこないことも。
それと同じ対象を霊視しても、一般的には視え方が異なります。
これは霊視をする人の主観が反映されるからですが。
そういう意味でも占い師との相性は重要になります。
霊感と一口に言っても、全ての情報を得られるわけではありません。
ご先祖様や守護霊がこれを教えては対象者の成長を妨げてしまうと判断すればガードしてしまうからです。
その場合は透視能力を使っていくこともあります。
透視は陰の力ですから使えば消耗します。
あまり多用すると命を削ることになってくるので注意が必要です。

霊能者と占い師の違いとは?

霊能者と占い師は異なる存在です。
なかには兼任している方もいるかもしれませんね。
霊能者はある程度修行をしないと霊に関する対処を伴いますから取り込まれ食われてしまうリスクがあります。
日本は神の国です。
エクソシストがいないのは魔王が支配しているから。
外国では悪魔が牛耳っているため神父様でも対応可能。
それでも命懸けですけどね。
ランクとしては魔王のほうが上なので。
修行を積んだ霊能者の出番となります。
でもここだけの話、魔王クラスに対抗できる霊能者は皆無です。
除霊、浄化のレベルではなく相手を黙らせるだけの力を備えていることが前提になるからです。
私が知る限りでは2人しかいません。
そのうちの1人はどんなに強敵であっても瞬殺です。
その方と出会いこれまでの霊能者に対する認識が大きく変わったことは確か。
もっとも力のある霊能者は人前に出ないので実際にはまだいるかもしれないですけど。

どんな霊能者と占い師も万能ではない

力のある人ほど自分の強みと弱みがわかっています。
私はまだ将来的にどの道に進んでいくかわかりませんが、ヒーラー、霊能者、占い師と大きく分類するとこの3つになるでしょうか。
発信が強みの方はヒーラーに、霊と対峙する力が強い方は霊能者に、受信力が強い方は占い師に。
それぞれ使う力が異なります。
修行をしていくとこの意味が理解できてくるのですけど、注意点は自分の力を把握しきれていない状態で力を使うことです。
現世では低俗霊がうようよしています。
低俗霊は肉体のある私達に憑依しようと隙を伺っているので。
霊格が高くなると憑依されることはありませんが、そのレベルに到達している方は本当に少ないです。
ですから正しく力を使うことが大切になってくるといえます。

霊感商法も今は厳罰です!

霊感商法とは霊感にかこつけて高額の商品を買わせる方法です。
現在ではあくまでも商品売買にのみ規制がかけられている状態です。
クーリング・オフするためには、送付の記録や関係書類を5年間保管してください。
その間に訴訟を起こすと契約不履行にできるというもの。
ただし、新興宗教への勧誘などは対象外になっています。
現代は少なくなりましたが、以前は某宗教団体が勧誘のために「手相を無料でみます」と街頭で声かけをしていました。
私もターゲットにされ好機旺盛な気質が首をもたげて本部まで同行。
結果的に手相なんて鑑定してくれませんでした。
壁側に座らされて、出られないような位置関係で数時間勧誘を受けることに。
客観的にみたら恐喝ですよ。
相手を疲労させて承諾させる様は刑事ドラマの不当な尋問さながらでした。
そこも高額な壺を売っていたようです。

今後の流れ

霊感商法が規制されるようになってから数十年が経過しています。
でも占いに伴う霊感は控えめなアプローチになることはあれど、暫くはなくなることはないでしょう。
ですから利用する側が賢くならなければいけません。
あなたが違和感を覚えたら、それはレッドカードかも。
くれぐれも相手のペースに巻き込まれないようにしてくださいね。

今回の連載コラムを執筆した占い師

ケイ先生

鑑定料 1分/180円
鑑定歴 3年以上
得意な占術 算命学 / タロットカード
得意な相談内容 恋愛全般 / 相性 / 片思い / 復縁 / 復活愛 / 略奪愛 / 複雑愛 / 同性愛 / 出会い / 相手の浮気 / 不倫 / W不倫 / 離婚 / 仕事全般 / 就職 / 転職・独立 / 職場の人間関係 / 全体運 / 宿命 / 人生

ケイ先生に今すぐ相談する

占い師インタビュー:ケイ先生
電話占いみみずくの砦に所属する口コミで当たるとおすすめのケイ先生を、お客様により知っていただくため、突撃インタビューを実施! 占い師になったきっかけや得意な相談内容、鑑定に対するこだわりや心掛けなどを語っていただきました。